子供用ブルーライトカットメガネが必要なわけ。効果とおすすめの選び方

子供用ブルーライトカットメガネを使いましょう

スマホやゲーム、テレビにどっぷりつかった現代っ子にはブルーライトカットメガネが必要ですよ!

こんにちは。
パパブロガーの中川(@nakagawahitoshi)です。

 

今の子供たちは生まれたときからスマホやゲーム機、パソコンなどデジタル機器がある「デジタルネイティブ」世代。

幼稚園、小学校くらいのお子さんをお持ちのお父さん、お母さん。

こんな心配ありませんか?

子供たち、スマホやゲームの画面ずっと見てるけど心配。

視力が落ちたりしないかしら?

「ブルーライトがよくない」ってテレビでやってた気がする…

パパもママも目はよくないし心配。どうしたらいいの?

 

 

この記事では目によいというブルーライトカットの眼鏡ってほんとに安心なのかどうかの疑問に答えます。

ブルーライトカットのメガネは子供たちに必要です。
  • ブルーライトはエネルギーが高いので目に刺激が多いのです。
  • 眼精疲労や昼夜のサイクルがずれてきてしまうことがあります。
  • ブルーライトカットのメガネでも見え方はそれほど変わりません。
  • 残念ながら視力低下を抑える効果は期待できません。
  • ブルーライトカットメガネでこういったことは抑えられる。




ブルーライトとは

ブルーライトとは可視光線のうち青色の範囲の光のこと
ブルーライトとは「ブルーライト研究会」さんの説明によると

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

要するに「青い光」

とくにスマホやパソコンなどの液晶モニタから多く出ていて、ふだんの生活で目にすることが多いのです。

 

ブルーライトにはこういうあまりよくない効果があります
  • 目が見ることのできる光の中で一番エネルギーが高く、目に刺激になりやすい。
  • ちらつきを起こしやすいため目が疲れやすい(眼精疲労とおこしやすい)。
  • 昼夜のリズム(サーカディアンリズム、概日リズムともいいます)を崩しやすくなる。
  • VDT症候群(液晶モニターやスマホの使い過ぎでの目や体の不調。IT眼症ともいわれる。)を起こす可能性がある。

 

スマホやパソコンを夜遅くまで使っていると寝付きにくかったり、しっかり睡眠をとれていない感じがすることがありませんか?

ブルーライトのせいかもしれませんよ?

 

ブルーライトが子供によくないこと

大人でもたかだか「青い光を見る」だけでいろんなことが起こります。

子どもは目や脳に刺激を受けやすいのです。

スマホやテレビをずっと見せておくのはあまりよくない気がしますよね。

 

  • お昼寝や夜の睡眠のリズムが崩れます。
  • 子どもは適応性が高いので眼精疲労はあまり訴えることはありませんが、ドライアイなどにもなりやすくなります。
  • イライラするなど落ち着かなくなることもあるようです。

育ち盛りの体や脳に変な刺激をかけすぎない方がいいでしょう。

 

じゃあ子供たちを守るためにどうしたらいいんでしょうか?

 

ブルーライト対策としてできること

「ブルーライト」が原因なのでそれを防げばいいわけです。

  • スマホやテレビを長時間見せすぎない。
  • スマホの設定で夜間モードを活用する。
夜間モードの設定方法
iPhoneですと夜間モード(Night Shiftモード)という設定があります。

「設定」アプリを開きます。⇒「画面表示と明るさ」「Night Shift」を選択⇒「時間指定」するか「手動で明日まで有効にする」をオン

「色温度」「暖かく」にすると画面がオレンジっぽくなり青い光は少なくなります。

あとはスマホやテレ日を見せたいときは子供用のブルーライトカットメガネをかけさせる、というのはどうでしょう?

 

ブルーライトカットメガネを使うと起こること

眼精疲労や概日リズムを乱さないためにブルーライトカットのメガネを使おう
ブルーライトを減らすように働くメガネはパソコン作業が多いビジネスマンなどに広まってきています。

  • 光が青っぽく反射してるレンズ
  • サングラスほどじゃないけどほんの少し茶色っぽいレンズ

…のメガネを見たことありませんか。

 

あれは両方ともブルーライトカットのレンズです。

最近は子供用にも度が入っていないブルーライトカットのメガネもあります。

こういう商品を活用しましょう。

 

目の疲れが減らせる

もちろん子供たちに長時間ぶっ続けでテレビやスマホを見せるのはよくありません。

それでもふだんからスマホ、テレビのときにブルーライトカットのメガネをかけておけば、眼精疲労によるいらいらや目の痛みなども抑えることができるでしょう。

 

睡眠のリズムを崩しにくい

ブルーライトは目への刺激が大きく、脳の昼夜のリズムを刺激して崩してしまうことが知られています。

お昼寝や夜の睡眠がきちんととれないというのは子供にとって大変なことです。

睡眠がしっかりとれないと脳の発達にも影響があるため、しっかりブルーライトをカットしておきたいところです。

 

メガネをかけるという習慣

そしてわが家の場合は「テレビやゲーム、スマホをするときにわざわざメガネをかける」というひと手間があるおかげで、時間を守ってゲームやテレビをするきっかけになりました。

メガネをかけるのはテレビやゲームの時間

ということは…

メガネを外しているときはテレビやゲームの時間ではない

という風に子供たちが納得してくれていた感じだったんです。

テレビを見る時間とそうでない時間のメリハリがついていたので、「メガネ取ってよ!」というとだらだら長時間テレビだけ見てることは少なかったですね。

 

子供用のブルーライトカットメガネを選ぶ

子供用のブルーライトカットのメガネを選ぼう
ということで幼稚園くらいから子供用のブルーライトカットのメガネを必要に応じてかけるのはとてもおすすめです。

では子供用のブルーライトカットのメガネの現状がどうなってるか見てみましょう。

 

ブルーライトカットメガネでは見え方はほぼ変わらない

ブルーライトカットメガネはそれほど見え方は変わりない
こちらのブルーライトカットメガネは「【JINS SCREEN KIDS 25%CUT】ジンズスクリーン キッズ 25%カット-JINS(ジンズ)」というモデルです。

 

ほんの少しレンズが黄色に見えてますよね。

かけた瞬間は少しだけ周りが黄色っぽく見えますがすぐ慣れます。

かけているときの見え方はふだんと変わらないはず。

 

ブルーライトを防いでも視力低下は抑えられない

ブルーライトを遮断すると眼精疲労や睡眠リズムが崩れるのを防ぐことはできます。

でもブルーライトカットメガネが視力低下を防ぐ効果はないといわれています。

 

視力は遺伝的な要素がとても大きく、昔言われていた「暗いところで本を読む」「テレビゲームをやりすぎる」程度では視力が低下することはないことがわかっています。

こういったツイートもありました。

 

子どもの視力と眼鏡については記事にしています。

子どもの視力を保つためには

3Dマジカルアイは効きません!親が目が悪いと子どもも目が悪くなる。

2017年7月18日
3Dマジカルアイは効きません!親が目が悪いと子どもも目が悪くなる。

 

既製品は買いにくくなっています

こうやって紹介しておいて説明しにくいのですが、

  • 既製品の子供用メガネ。
  • 値段が手ごろ。(~4000円くらいまで)
  • メガネ専門メーカーが作っている。
  • 度が入っていないブルーライトカットレンズが入っている。

というのは買うのがちょっと難しくなっています。

 

しばらく前までは
JINS SCREEN KIDSという既製品の子供用のブルーライトカットのメガネが売っていたんですが最近は在庫切れになっています。

大人用のJINS SCREENは在庫しているのでこちらで使えるほど大きな子はこれでよいでしょう。

 

うちの子たちはJINS SCREEN KIDSの前のモデル、JINS PC for KIDSというのを使ってましたがこちらもあっという間に販売中止になっちゃいましたしねえ。

どうしてすぐ売り切れになっちゃうのか…メーカーさん、がんばってください。

安すぎる子供用ブルーライトカットメガネを選んではいけない理由!

楽天やアマゾンで子供用PCメガネというのが2000円くらいでたくさん出品されています。

あまり安すぎるのはのはやめておいた方がよいかもしれません。

  • ちゃんとブルーライトの周波数帯を遮断できているのか?
  • 顔に触れるものです。安全性やアレルギーの検査はされているのか?
  • 壊れやすくないか?割れてしまってけがをするようなことはないか?

などなど安全性や効果が確認できないものばかりです。

できるだけきちんとした大手メーカーのブルーライトカットメガネを準備してあげてください。

子供用メガネにブルーライトカットレンズを入れる

手ごろな既製品がないとなると目が悪くはないけどブルーライトカットのメガネが欲しい場合は作ってもらうしかないでしょうね。

子供用の普通のメガネ に 度なしのブルーライトカットレンズ を入れる。

という形になります。

 

既製品のメガネのように格安ではありませんが、

お子さんに合ったサイズのメガネを子供用メガネの専門店に相談しながら作れる。

という利点があります。

 

大手のメガネ屋さんなら子供用メガネも大体扱っているので相談してみてもいいでしょう。

お近くのメガネ屋さんで相談してみてください。

 

子供用ブルーライトカット眼鏡を使いましょう

あらためてブルーライトについてまとめてみます。

ブルーライトにはこういうあまりよくない効果があります
  • 目が見ることのできる光の中で一番エネルギーが高く、目に刺激になりやすい。
  • ちらつきを起こしやすいため目が疲れやすい(眼精疲労とおこしやすい)。
  • 昼夜のリズム(サーカディアンリズム、概日リズムともいいます)を崩しやすくなる。
  • VDT症候群(液晶モニターやスマホの使い過ぎでの目や体の不調。IT眼症ともいわれる。)を起こす可能性がある。
  • ブルーライトカットメガネでこういったことは抑えられる。

 

スマホやゲーム、テレビを見ることも多い現代の子供たち。

ブルーライトという環境が出てきたのもつい最近です。

目に影響があるだけでなく、生活リズムにも影響が出ます。

お子さんにこそブルーライトカットメガネが必要だといえますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

参考にさせていただいたページはこちら。

 

 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください