聴覚過敏気味の人にノイズキャンセリングイヤホンのTronsmartS4をすすめるわけ

聴覚過敏にTronsmartS4をお勧めする理由

スポンサードリンク




こんにちは。
沖縄のブロガー中川(@nakagawahitoshi)です。

昔から騒々しいところって嫌いなんですよね。

雑音だらけのところが苦手です。

 

聴覚過敏気味の人のためのノイズキャンセリングヘッドホンの記事を書きました。
聴覚過敏気味の人におすすめのノイズキャンセリングヘッドホンを探す

この記事で紹介しているノイズキャンセリングBluetoothイヤホンのTronsmart S4をしばらく使ってみたので紹介します。

使い勝手についての質問などありましたらTwitterやコメントでご連絡いただければお返事いたします(^^)/

 

 

TronsmartS4はこんな人におススメです
  • 人混みやお店の空調などざわざわした音が苦手。
  • 飛行機に乗っているときのエンジン音がうるさくて眠れない。
  • ノイズキャンセリングイヤホンを使ってみたいがイヤホンのコードが嫌
TronsmartS4を使うと
  • 空調や換気扇などのざわざわした感じの音をかなり消してくれます。
  • こういった背景のざわざわ系の音がストレスになる人はだいぶ楽になるはず。
同じような価格帯のキングジムデジタル耳せんMM1000との比較
  • ノイズキャンセリング機能:ほぼ互角。ざわざわした音は消えるが「人の話し声」「大きな音」「突発的な音」にあまり効果がないのも同じ。
  • 使い勝手:ワイヤレス、充電だけで乾電池不要、イヤホンケーブルに触れたときのゴソゴソ音がないなどTronsmartS4の圧勝。
  • 価格:キングジムデジタル耳せんMM1000のほうが安い。1000~2000円くらいの差があります。
  • 耐久性:どちらもコードが切れたらおしまいです。キングジムデジタル耳せんMM1000はコードを巻き取って携帯できますが、TronsmartS4はちょっと華奢な感じでいつも持ち歩いているとすぐ壊れそうな気がします。

聴覚過敏気味の人にノイズキャンセリングが助けになる

とにかく雑音が苦手。

人混みはそもそも苦手で雑踏のざわざわ音が押し寄せてくる感じから逃げたくなります。

家にいてもマンション階下の怒鳴り声やドタバタ音。

どうしたらいいのさ!

 

耳せんもイヤーマフも使ってみましたが使いにくかったり効果がいまいちでした。

最近はノイズキャンセリング技術が進化してきていると聞きます。

ではノイズキャンセリングイヤホンを試してみましょう。

お値段も手ごろでネットでの評判も上々なノイズキャンセリングイヤホンのTronsmartS4を使ってみます。

 

 

TronsmartS4とは

TronsmartS4はワイヤレスBluetoothイヤホンです。

スマホにBluetoothで無線接続して音楽などを聴くことができます。

強力なノイズキャンセリング機能を搭載しています。

聴覚過敏で悩む人たちにとって大事なのは「ノイズキャンセリング」機能がどれだけ優秀かということ。

当記事ではノイズキャンセリングイヤホンとしての使い勝手を見ていきます。

 

ノイズキャンセリングイヤホンTronsmartS4のパッケージ表ノイズキャンセリングイヤホンのTronsmartS4のパッケージです。

ANC「Active Noise Canselling」の文字に超期待。

我々聴覚過敏気味ピープルの悩みを減らしてくれるのか!?

 

ノイズキャンセリングイヤホンTronsmartS4のパッケージ裏面ノイズキャンセリングイヤホンのTronsmartS4のパッケージ裏面です。

やっぱりノイズキャンセリング機能は売りみたいですね。

箱がお値段にしてはかなり立派で高級感があります。

 

ノイズキャンセリングイヤホンTronsmartS4のパッケージ内箱内箱もかなりがっちりしていていい感じです。

 

ノイズキャンセリングイヤホンTronsmartS4のパッケージ開封開封しました。

高級感ある!

 

ノイズキャンセリングイヤホンTronsmartS4の本体ノイズキャンセリングイヤホンのTronsmartS4の本体はこちら。

首にかけるタイプです。

本体はやわらかめの素材でひねったり広げたりできるので、首にかけるのもカンタンです。

 

ノイズキャンセリングイヤホンTronsmartS4のスイッチ部分首にかけて左側の本体部分にノイズキャンセリング機能のスイッチやMicroUSBの充電ポートがあります。

ノイズキャンセリング機能のスイッチが小さくて固いので慣れないとオンオフしにくいかもしれません。

 

ノイズキャンセリングイヤホンのTronsmartS4の操作部分同じく本体左側に操作キーがいくつかあります。

このボタンを使ってBluetoothのペアリングや曲送り、再生停止などの音楽再生のコントロールを行います。

真ん中の丸い印のボタンが「マルチファンクションボタン」です。

マルチファンクションボタンの長押しで電源操作やペアリングモードなどの操作を行います。

 

ノイズキャンセリングイヤホンTronsmartS4の付属品付属品は以下の通り。シンプルですね。

ケースはついていません。持ち運びの際はちょっと注意が必要です。

  • マイクロUSBコード:充電用です。
  • 説明書:残念ながら英語表記のみです。
  • イヤーピース:本体付属分を含めて大、中、小と3種類のイヤーピースがついています。ノイズキャンセリング機能にも影響が大きいので自分の耳に合っている大きさのものを使いましょう。
  • イヤホンコードを止めるためのもの:持ち運びの際にコードが絡まずにすみます。

 

TronsmartS4の最低限の使用方法

説明書が英語なので最低限の使い方をまとめておきます。

 

ノイズキャンセリングイヤホンTronsmartS4のスイッチ部分ノイズキャンセリング機能をオンにする:本体左側のANCスイッチをオンにする。

Bluetoothイヤホン機能とは関係なくノイズキャンセリング機能だけをオンにすることができます。本体電源を切っていても、スマホなどとペアリングしていなくても騒音だけを遮断できるのです。

 

ノイズキャンセリングイヤホンのTronsmartS4の操作部分音楽を聴くためには電源を入れる必要があります。

電源を入れる:マルチファンクションボタンを1秒長押しする。イヤホンから「パワーオン」と音声が出ます。

電源を切る:電源が入った状態からマルチファンクションボタンを2秒間長押しする。「パワーオフ」と音声が出ます。

スマホとペアリングする:電源オフの状態からマルチファンクションボタンを長押し。「パワーオン」と言われてもボタンを離さずに押し続けていると「ペアリング」と音声が出てペアリングモードになります。LEDは赤と青の交互点滅に。

この状態でスマホのBluetoothの設定から捜査してペアリングします。うまくいくと「コネクションサクセスフル」と音声が出てスマホの操作で音楽再生できます。

ノイズキャンセリングイヤホンのTronsmartS4のペアリング時には電池残量が表示されます。iPhoneではBluetooth接続するとTronsmartS4の電池残量も表示されました。

スマホの機種によっては電池残量は表示されないこともあるようです。

 

TronsmartS4の使い勝手

買ってから少しだけ使ってみた感想はこちら。

 

 

ノイズキャンセリング機能自体はキングジムデジタル耳せんMM1000と同じくらいです。
聴覚過敏気味の人にキングジムデジタル耳せんMM1000をお勧めする理由とお勧めしない理由

スーパー、イベント会場、カフェなどの人がたくさんいて雑音が多いところでは威力を発揮します。

ノイズキャンセリング機能にこんな感じの特徴があります。

きれいに消える音
  • 空調の音
  • 換気扇の音
  • なんだかわからないざわざわ音
少し小さくはなるが消えない音
  • 人の話し声
  • 大きな音(バスの走行音とか)
  • 突発的な音(カンとかコンとか何かがぶつかって出る音)

一定以下のどうでもいい雑音が消える感じです。

耳や脳に負担がかかりにくくなるように感じました。

 

TronsmartS4のいい点とちょっといまいちな点

しばらく続けて使ってみて良かったといまいちな点を挙げてみます。

外出時は仕事の時以外はいつもつけてみています。

TronsmartS4の良い点

全ての音ではないですが、バックグラウンドでざわざわしている騒音をかなり消してくれます。

これだけで脳への変な刺激が減って楽になります。

 

軽いので首にかけて長時間使っても負担が少ないのはありがたいですね。

バッテリーはフルチャージで15時間持つことになってますが、ノイズキャンセリング機能のみならもっと持つ感じがしています。

 

そしてワイヤレスはほんとに使いやすい!

キングジムデジタル耳せんMM1000はコードのゴソゴソ音が気になりましたからね。
聴覚過敏気味の人にキングジムデジタル耳せんMM1000をお勧めする理由とお勧めしない理由

 

TronsmartS4のいまいちな点

ノイズキャンセリング機能特有のホワイトノイズ(音が鳴ってなくても「サーという音」が流れる)があります。

キングジムデジタル耳せんMM1000もホワイトノイズは少しありますがそれより気になるレベル。

でもこのノイズキャンセリングイヤホンを使いたくなるようなうるさいところでは特に気にならない程度です。

少し早めに歩いたり、風が吹くと風切り音が聞こえます。

 

スマホと接続して音楽を聞くときはさらにこのサー音は大きくなりますが音楽を流せば気にならないと思います。

また、音楽を聴くときの最低音量がかなり大きいです。もう1~2段階小さくしてほしい…

 

イヤホンのコードが切れたらもう終わり。耐久性はちょっと心配です。

 

TronsmartS4は買いなのか?

あらためてTronsmartS4についてまとめます。

TronsmartS4はこんな人におススメです
  • 人混みやお店の空調などざわざわした音が苦手。
  • 飛行機に乗っているときのエンジン音がうるさくて眠れない。
  • ノイズキャンセリングイヤホンを使ってみたいがイヤホンのコードが嫌
TronsmartS4を使うと
  • 空調や換気扇などのざわざわした感じの音をかなり消してくれます。
  • こういった背景のざわざわ系の音がストレスになる人はだいぶ楽になるはず。
同じような価格帯のキングジムデジタル耳せんMM1000との比較
  • ノイズキャンセリング機能:ほぼ互角。ざわざわした音は消えるが「人の話し声」「大きな音」「突発的な音」にあまり効果がないのも同じ。
  • 使い勝手:ワイヤレス、充電だけで乾電池不要、イヤホンケーブルに触れたときのゴソゴソ音がないなどTronsmartS4の圧勝。
  • 価格:キングジムデジタル耳せんMM1000のほうが安い。1000~2000円くらいの差があります。
  • 耐久性:どちらもコードが切れたらおしまいです。キングジムデジタル耳せんMM1000はコードを巻き取って携帯できますが、TronsmartS4はちょっと華奢な感じでいつも持ち歩いているとすぐ壊れそうな気がします。

 

雑踏のざわざわした音がきれいに消える感じは感動モノです。

人ごみでも消耗せずに過ごせるかもしれません。

音が苦手なあなたにTronsmartS4おススメです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です