子どもに最初に持たせるパソコン選びのコツ

こんにちは。
沖縄のブロガー中川(@nakagawahitoshi)です。小学生2人のお父さんをしています。

小学校の教科に「プログラミング」が入ってくることをご存知ですか?

文部科学省の決定で2020年から小学校でのプログラミング教育を必修にすることになっています。

プログラミング学習ってどうしたらいいの?

えー、そんなこと言ったっておうちで何をどうやったらいいのかわからない・・・
いやいや、うちの子はもうスマホ使ってるし十分でしょ。
学校でやるんだから今からやっとく必要はないわね。

・・・って思ってるお父さんお母さん!

スマホやタブレットでなくてパソコンに触れさせるっていうのは大事なんですよ。

お仕事でパソコン使ってるお父さんお母さんも多いですよね?Excelで計算したり、Wordで文書作ったり、PowerPointでプレゼン資料作ったりするのってそれスマホでできますか?スマホなんて今の子たちは何も教えなくても使えます。勝手にアプリ入れてゲームとかやり始めます。

でもパソコンはさわらせてあげないと使えるようになりません。タイピング一つとってもそうです。いつまでたっても何年たってもキーボードを一本指打法でポチポチやってるおじさんいるでしょう?

プログラミングだって同じです。まずは身近にさわって確かめて遊んでみることができる環境があること。とにかく最初は遊びでいいんですよ。子どもたちはその中から勝手に学んで好きなことはどんどんやり始めます。

なので子どもたちに早くパソコンを触らせて遊ばせてあげましょう。子どもたちが自由にいじって遊べるパソコンを準備しておきましょう。
あたらしい3DS買ってあげるよりもっと楽しむ方法を見つけ出すはずです。

選び方はこんな感じ。

子どもに初めて持たせるパソコンの選び方

  • Windows10のノートパソコンを選ぼう。
  • 中古で十分。
  • 価格は3万くらいまでで大丈夫。

以下説明しましょう!

どんなパソコンを選んだらいいのか?

とはいうもののお父さんお母さんがパソコン持ってなければ、電気屋さんに行ってもいろいろありすぎて困ってしまいますよね。

なので子どもの初めてのパソコンを選ぶポイントについてまとめましょう。

ノートパソコンかデスクトップパソコンか

いまどきはパソコンの性能も上がってきています。むかーし昔はノートパソコンは非力で使い物になりませんでしたが今は全く問題ありません。子どもたちのプログラミング学習、パソコンに慣れるために色々するには十分な性能になっています。

デスクトップタイプはオフィスにあるようなタイプですね。いまはあえてデスクトップパソコンを選ぶ必要はないでしょう。場所も取るし持ち運べるわけでもないのでノートパソコンにくらべて利点があまりありません。

というわけで初めてのパソコンはノートパソコンを選びましょう。

MacかWindowsか

これは両方使える人からしたら「べつにどっちでもいいんじゃね」になります。

子どもたちが一番最初に触れるプログラミングツールは「Scratch」とか「Moonblock」などのブラウザからも使えるものになるはずです。パソコンの種類で使えるとか使えないとかないんです。

ただし!
Macでないとできないことがあります。

それは「iPhoneアプリの開発」です。

これはもうしょうがないですね。MacもiPhone,iPadもアップル社の製品です。わざわざWindowsでアプリ作れるようにはしません。子どもたちがいろいろやり始めて「iPhoneのゲーム作ってみたい!」とか言い始めたらMacを買いなおさないといけません。

実際のところ会社の事務作業などでMacを使っているお父さんお母さんも少ないと思います。なので親が使えるもの、さわったことがあるものということでまずはWindowsパソコンを選んでおいたらいかがでしょう。

なかがわ
Macbookは高いしな・・・

Windowsノートパソコンを買ってみる

お金に糸目をつけずに最新型の高性能パソコンを買えるならそれでいいのですが、予算の都合もあるのでどのへんで妥協するかという目安を書いておきます。

目安としてはマイクロソフトのOfficeが動く程度の性能で大丈夫です。
それだとけっこう性能低くても大丈夫なんですが・・・

「できれば長くストレスなく使いたい」

ということを考えるともう少し性能がいいものを選んだ方がいいはずです。

  • CPU(パソコンの心臓部です。計算を行うところ。):INTELのCore iシリーズ(Core i7,i5,i3)なら大体どれでもよい。Celeron,Pentiumというのはできればやめておきましょう。性能が低くて長く使えません。
  • RAM:(パソコンの一時記憶装置。小さすぎると動作が遅くなります。):4GB以上あればよいでしょう。
  • HDD:よっぽど古いパソコンを選ばなければ不足することはないのであまり気にせずで大丈夫。ほんとに予算が余裕があるようならSSD(ソリッドステートドライブ)っていうのを載っけたやつにしてください。
  • 画面サイズ:画面が大きくなると重くなります。持ち歩きも考えると11~13インチがいいと思いますが、あまり持ち歩いたりしないようなら15インチでよいと思います。
  • Windows:Windows10を選びましょう。7とか8.1とかのものは安いかもしれませんがパソコン自体が型遅れの可能性もありますし、後からWindows10にするのはけっこう面倒です。

それでこういう性能のノートパソコンを新品で買おうと思うと高いんですよね。だいたい4万円前後から。

なので中古のパソコンがねらい目です。

楽天でもアマゾンでも買えます。パソコン屋さんの中古コーナーにはちょうどこういった性能の中古パソコンがたくさんあるのでいろいろ選べます。だいたい3万円くらいまでで買えるはずです。

よっぽど変なオークションとか個人取引でなければお店の保証が付くはずですし、最近のパソコンは買ってすぐ壊れたりはしませんよ。

Windows10がある程度余裕をもって動く性能(うえにあげたくらいの性能)ならこれから先何年かはそんなに困ることはありません。

そのうえで予算内で一番いいものを選ぶ

そしてこれまでの内容を踏まえたうえでぜひとも予算内で一番性能の良いものを買ってあげてください。ちょっとした作業でも快適さが違います。

「遅くて使いにくいコンピューターを使うこと」のストレスから子どもを開放して、やりたいことだけに集中させてあげられるならその方が絶対にいい。パソコンなんて単なる道具です。いいものを使えば腕も早く上達するんです。

お子さんにパソコンを

これから先スマホやその中の技術やソフトを作る、使いこなす能力が必要になってきますLINEができるとかSNSに投稿するくらいならサルでもできますが、LINEのようなアプリやサービスを作るのは誰でもできるわけじゃありません。

なので技術のおおもとに触れて理解する、使いこなす力は抜きんでるために絶対に必要になってきます。逆にそういうものに早くからなじんでおけばテクノロジーに使われることはなくなり、技術やサービスを提供する方にまわることもできるのです。
Facebookのザッカーバーグとかマイクロソフトのビル・ゲイツみたいにね。

そのためのまず最初にできることは子どもにゲーム機やスマホを持たせることではなく、子ども専用のパソコンを持たせて勝手に遊ばせることです。

まあ親がパソコン使えないから心配、とか言ってないで子どもに使わせてみたらいいです。
驚くほどいろんなことを学びますよ。