Googleアドセンスに受かりました。再申請から合格までにやっていたことを教えます。

Googleアドセンス合格しました

こんにちは。
沖縄のブロガー中川(@nakagawahitoshi)です。

2017年7月にGoogleアドセンスの審査に合格しました。

しばらく前から挑戦していたんですが2週間前に書いたこの記事の後に2回落ちてます。

グーグルアドセンス落ちました

Google Adsenseの審査に秒殺で落ちたので対策を考える

2017年6月22日
Google Adsenseの審査に秒殺で落ちたので対策を考える

もうあきらめるかと思ってたいんですが、いろいろやってみて合格したので経緯をまとめてみます。

 

自分が経験して思ったアドセンス申請必勝法はこんな感じでした
  • プライバシーポリシー、メールフォーム、サイトマップは最初から必ずきちんと用意しておく。
  • 古い情報に振り回されない。2017年以降の情報ならそれなりに正しいはず。
  • 困ったらAdSense プログラム ポリシーを読み込む。



Googleアドセンス合格挑戦記:申請までにやったこと

何度も落ちたときにやっていたこと

初回に落ちたのは記事にしていますが、そのあと少しずつ変えては申請して2回落ちています。

やってみたこと

  • 他サイトからの情報をまとめただけの記事を削除した。
  • サイトマップを作った。
  • メニューバーの色設定がおかしくてほぼ白に近くて見えないようになってたので直した。

その2回とも申請後1時間程度で落選メールが届いてました。

毎度瞬殺されたので大元の問題が解決してなかったんですね。

2回とも初回と同じ文面の残念メールでした。

大体こんな感じの内容でした。

・GoogleAdsenseのプログラムポリシーを守っていないか、コンテンツの品質ガイドラインを守っていない。

・ユーザーに価値のある情報になっていない。
・自動生成されたページ、独自の内容がないページにはAdsenseは貼れません。
・ユーザーのために見やすく便利なページになっていない。

 

毎回瞬殺ということは記事の内容が個別に問題があったのではなくもっと根本的なところがダメなんだろうと判断。

いい加減に作っていたページを改善することにしました。

 

受かった時に変えてみたこと

Googleアドセンス合格に関してのノウハウとかがいろんなページに出てました。

広告は外しとけとか画像は全部はずせとか書いてありましたけど。

とりあえずそういう枝葉ではなくコンテンツはまだ見られてもないようだと判断してやってみたのがこれ。

・プライバシーポリシーをきちんと書き直す。

ということでした。

 

そして固定ページで作っていた以下のページをGoogleサーチコンソールの「Fetch as Google」でインデックス登録申請。

ちゃんとページ作ってますよ、とGoogle様にアピール。

  • プライバシーポリシー
  • メールフォーム
  • サイトマップ

 

最後に申請して却下されたのが2017年6月24日でした。

では噂通り次回の申請まで2週間は明けとこうか、と思っていたら

まさかの誤クリック!

7月5日の朝にアドセンスのページを開いてたら寝ぼけて申請ボタンを押してしまったのでした。

 

Googleアドセンス合格挑戦記:誤申請から合格へ

しまったー!と思ったんですがまあまた頑張ればいいやと思ってあきらめていたところ・・・

1時間たっても2時間たっても「残念でした😜」のメールが届かない。

これはもしや、と思っていると夕方になってGmailに新規メールが!

Google
「サイトとAdSenseのリンクの完了まで、あと一歩です。」

やったよー!一次をクリアしたようです。

コードは張り付けてあるのでさらに待つ。もはややることは何もない。

そしてその次の日、2017年7月6日の朝にメール。

Google
「お客さまのサイトがAdsenseに接続されました」

 

ついにやりました!

Googleアドセンス合格メール

こちらは合格通知のメールに表示されるものです。

やっと噂のポップコーンを見ることができました。

実物はアニメーションGIFでちょっと動いています。

 

Googleアドセンス合格挑戦記:なぜ審査を通ったのか?

まだ記事の見直しとかが必要だと思っていました。

あっけなく審査を通過してしまったので拍子抜けです。

どうして合格してしまったのか考えてみます。

 

プライバシーポリシー、サイトマップ、連絡を取れるページをきちんと書いた

これはいろんなAdsense対策サイトでも書かれてましたがけっこうおざなりにやってました。

何度も落ちてたのはこのへんのページの不備が原因だったのかもしれません。

 

プライバシーポリシーについてはこちらのページを参考にさせてもらいました。

Googleアドセンス・アナリティクス用のプライバシーポリシーを設置しました【例文利用OK】

 

古い情報はあてにならない

アドセンス対策でいろいろな情報があります。

ちょっと検索するとこういうのが沢山でてくるはず。

  • アフィリリンクが貼ってあるとまずい
  • 画像は著作権の問題があるのですべて外しておくこと
  • 再申請まで2週間あける

全部ウソでした。

…というより昔はそういうテクニックもあったのかもしれません。

 

当サイトではこういったことをやってますが大丈夫でした。

  • amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトはカエレバでリンク貼ってる。
  • 画像は他サイトのキャプチャも使っているが参照元のリンクは貼ってる。フリー素材画像とスマホアプリのキャプチャは多数使っている。
  • Youtubeの動画貼り付けもしている。
  • 前回申請から2週間は経っていない。

 

他の条件としては以下の通り。

  • 記事はほとんど1000文字以上。
  • 記事数は46記事(申請時)
  • PVは1日10~20くらい(申請時。現在は100億万PV/月

 

アドセンスを貼っている諸先輩ブロガーさんたちのブログでもアフィリリンクはもちろん貼っています。

画像やYoutubeの動画だって貼ってるしねえ。

こういうのがだめだったら誰もアドセンス貼れないでしょ。

 

Googleアドセンス申請は最初からちゃんと準備しておきましょう

始めたばかりのブログでもGoogleAdsenseの申請は何とか通りました。

これからも収益に見合うだけの役立つ記事を書かないといけません。

 

あらためてGoodleAdsenseの申請を合格するための秘訣?をまとめます。

自分が経験して思ったアドセンス申請必勝法はこんな感じでした
  • プライバシーポリシー、メールフォーム、サイトマップは最初から必ずきちんと用意しておく。
  • 古い情報に振り回されない。2017年以降の情報ならそれなりに正しいはず。
  • 困ったらAdSense プログラム ポリシーを読み込む。

Googleアドセンス合格目指している皆さんの参考になりますように。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

created by Rinker
¥1,998 (2019/03/24 15:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください