国際通りを子連れで散歩する。美ら海水族館に行かなくても行った気になる方法

沖縄の国際通りを子連れで歩く

こんにちは。
沖縄で子育て中パパブロガーの中川(@nakagawahitoshi)です。

子連れで国際通りを歩いてきました。

ちょっと行ってすぐ帰ってきただけなんですが、国際通りの雰囲気をお伝えします。

国際通りは沖縄観光ではまず必ず行くんじゃないでしょうか。那覇市内の大きなホテルからはシャトルバスが出てたりします。沖縄の道はいつも混んでますが那覇も小さい街なのでアクセスはいいはず。

なかがわ
国際通りを子連れでちょっとだけ散歩したらおいしいものを発見しましたよん。

国際通りとは

国際通りを県庁前方面から見る
沖縄県那覇市に「国際通り」という通りがあります。もはや沖縄の観光地として有名だとは思います。

Wikipediaではこう説明されています。

国際通り(こくさいどおり)は、那覇市の県庁北口交差点(パレットくもじ前交差点)から安里三叉路にかけての約1.6kmの通りの名称である。戦後の焼け野原から目覚しい発展を遂げたこと、長さがほぼ1マイルであることから、『奇跡の1マイル』とも呼ばれる。沖縄県で最も賑やかな通りであり那覇最大の繁華街。

もう所せましとお土産屋さん、居酒屋さん、ステーキ屋さんなどの飲食店が並んでます。

朝からお土産屋さんが開いてますし、夜は居酒屋やレストランに繰り出す観光客でにぎわいます。

修学旅行などでも立ち寄ることが多いようで学生さんたちも多かったですね。

子供と国際通りを散歩した

沖縄県庁前まで行く用事があったので空いた時間に娘(小3)と散歩しました。時間がなかったのでちょっとだけですが国際通りの雰囲気をお伝えしましょう。

国際通り:県庁前から子連れで歩いてみる

国際通りの県庁前入り口のシーサー県庁前からの入り口にシーサーがいます。太っちょな感じがかわいい。通りを守ってくれています。

 

国際通りの屋根の上のシーサーやっぱりいろんなところにシーサーがいます。シーサーだらけです。こいつは屋根の上でしたがけっこうでかい。

 

国際通りのヤシ並木沖縄では街路樹も当然のようにヤシの木です。もうだいぶ見慣れてきたけど移住当時は珍しく感じたもんですわ。

 

国際通りのお菓子御殿こんな立派なお屋敷みたいなお土産屋さんもあります。中で紅芋タルトとかを作ってます。作っている製造ラインがガラス越しに見学できるので子どもたちは楽しいはず。

 

国際通りを走る派手なバスこのバスは国際通りが歩行者天国でも走ってきます。大音量のオルゴールをかけてくるので遠くからでもよくわかります。暑くて歩けない時は乗ってみたらいかがでしょう。

 

 

こんなのんびりした足こぎタクシーもいます。バスより楽しいかもしれませんね。お子さん連れの方はぜひ。

なかがわ
うちの子も乗りたがってました。今度乗りに来よう。

国際通り:みやげ物や沖縄っぽいもの

国際通りの焼き物店のシーサー沖縄といえばシーサー。焼き物屋の店先には色とりどりのシーサーがいます。

 

国際通りの泡盛屋さんの店頭のハブ酒沖縄のお酒といえば泡盛。酒屋さんの店先にはハブ酒が並べられています。飲めるのかな、これ。

 

国際通りのみやげ物屋の店先もうどこにでもシーサーがいます。このお店は雑貨屋さんぽい感じだったかな。

 

国際通りで琉球恋占いをする小3女子店先にある「占い」は修学旅行生とかがやってくんでしょうね。おみくじみたいのを箱から引くようになってました。うちの小3女子も食いついてます。

なかがわ
琉球恋占いは「中吉」だったそうです。結婚:相手の親御さんにかわいがられる。そ、そうなんだ。

国際通り:あまり歩かずにすぐ寄れるお土産とスイーツスポット

国際通りの美ら海水族館アンテナショップ県庁前から国際通りに入るとちょっと行ったところの左側に「美ら海水族館のアンテナショップ」があります。

お店の名前は「うみちゅらら」です。ホームページはこちら⇒うみちゅらら

沖縄県本部町の「美ら海水族館」は沖縄観光ではまず行きたいところですが、遠いんですよね。美ら海水族館に行った気分だけ国際通り味わってみましょう。

 

 

国際通りの美ら海水族館アンテナショップ内ミニミニ水族館こういう小さい水槽がいくつかあって水族館気分を楽しめます。

 

大きなスクリーンがあって美ら海水族館の様子や海の生き物たちがきれいな映像で見ることができます。隣のカフェからかき氷やジュースを買ってきて飲みながら観ることもできます。

 

国際通りの美ら海水族館アンテナショップで買った伊江島ケックン水族館ショップの隣には沖縄本島北部の「やんばる地方」の特産品が並んでいます。その中でもおすすめなのがやんばるの離島「伊江島」のお菓子「伊江島ケックン」です。

伊江島では小麦の栽培が盛んです。その小麦で作られたスナック菓子。糸満とか那覇とかの本島南部ではなかなか売ってないんだよね。大人買いしました。

 

 

そしてこれはスイーツ好きにはどうしてもお勧めしなければならないだろうプレミアムソフトクリーム!


カフェで売っているCremiaソフトクリーム!500円とお値段もプレミアム!

すいません、私は写真撮る前に娘に食べられてしまいました。

全国で食べることができるようなんですが、あまりの濃厚さにびっくりしました。なんというか生クリームをそのままアイスにしたような感じです。これおすすめです。私も甘いものだいぶ好きですがこれは1個で限界。濃すぎる!

沖縄県内だと那覇空港やライカム、北谷などでも食べられるところがあるとか。

 

美ら海水族館アンテナショップの「うみちゅらら」は国際通りの県庁前側からすぐにあります。

ホームページはこちらをクリック↓

なかがわ
真っ先にアイスを買って、食べながら国際通りを見て回るのもいいんじゃないかと思いますよ。

国際通りを子供と歩いてみました

国際通りは那覇のホテルに泊まると一番近い観光スポットですね。那覇市内のホテルからのアクセスもいいので子連れでも楽しんできやすいと思います。

ハデハデのお土産屋さんは子どもたちも楽しめるはず。

レストラン、居酒屋だらけなので食事をどこでとるかも悩んでしまうほどですね。

子連れの沖縄旅行の参考になりましたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。