イラスト練習の始め方。パパママブロガーは子供と絵しりとりをしよう!

イラスト練習を始める方法は子供と絵しりとりをすること

こんにちは。
パパブロガーの中川(@nakagawahitoshi)です。

小学生2人のお父さんをしています。

子供たちと「絵しりとり」を始めたらイラスト練習したくなってきた話です。

ブロガーさんはちょっとしたイラストが自分で書けたらブログで使えるし役に立つんじゃないですかね。



絵しりとりやってみた

子供たちが図書館から本を借りてきたようです。

created by Rinker
¥1,512 (2018/07/21 18:27:39時点 Amazon調べ-詳細)

なになに、絵でしりとりって。

へー、面白いじゃん。4人の絵本作家が書いてるんだね。

 

お父さん、絵しりとりしよう!
やっぱり。早速来ましたよ。

絵心は全くないんですが、娘のリクエストには答えねばなるまい。

やってみたらはまってしまったのでした。

 

絵しりとり第一試合


リス⇒すいか⇒からす⇒寿司⇒しまうま⇒枕⇒ラーメンライス⇒スカート⇒とんかつ⇒月⇒君の名は⇒橋⇒聖徳太子⇒シール⇒ルビー⇒ビール⇒ルートビア⇒アイスクリーム⇒虫取り網⇒ミルフィーユ⇒ユリ⇒リース⇒スイカ割り⇒リンゴ

絵しりとり第二試合


リンゴ⇒ゴマ塩⇒大人⇒茄子⇒スキー⇒教会⇒椅子⇒鈴⇒砂浜⇒マント⇒トンネル⇒ルービックキューブ⇒ブドウ⇒うしおととら⇒ラッキョウ⇒宇宙戦艦ヤマト⇒鳥⇒リンボーダンス⇒スネイプ先生⇒イカ⇒柿⇒キツツキ⇒着物⇒ノートパソコン

絵しりとり第三試合


オカリナ⇒茄子⇒水星⇒石⇒使徒⇒東京都⇒トカゲ⇒げんこつ⇒釣り⇒リス⇒スカンク⇒栗⇒理科室⇒積み木⇒金太郎⇒浮き輪⇒わかめ⇒メール⇒ルンバ⇒バスケ⇒けん玉⇒マリモ⇒モノレール⇒ルーペ⇒ページ⇒ジャングルジム⇒ムキムキマン

絵しりとり第四試合


肩車⇒マリオ⇒おにぎり⇒リュックサック⇒雲⇒モアイ⇒インコ⇒声⇒エース⇒スパイダー⇒抱っこ⇒コントローラー⇒ラッコ⇒コッシー怖い椅子⇒スリッパ⇒パイナップル⇒ルーレット⇒時計⇒イルカ⇒亀⇒メイク⇒食いしん坊⇒ウラン

絵しりとり第五試合


サーカス⇒スイミー⇒水⇒頭突き⇒キツツキ⇒狐⇒ネズミ⇒三毛猫⇒コーラ⇒ラムネ⇒根っこ⇒コンビニ⇒虹⇒時間割⇒リラックマ⇒魔王⇒うらめしや⇒ヤクルト⇒トイレ⇒礼⇒イカ墨

ブロガーとしての絵しりとりの効用

数日間集中して娘と絵を描いてみました。

わたしは普段絵を描くこともペンや筆を持つこともほとんどありません。

絵も見ての通りなんですが結構実り多い試合だったのですよ。

絵、イラストを描くのは面白い!

イラストとか絵って自分で書けるようにならないかなーってずっと思ってました。

子供たちの一緒に下手でもいいからまずは描いてみたら面白いんですわ。

下手は下手なりにいろいろ描いてみるのって楽しいんです。

何もない白い紙の上にいろんなものが生み出されるってものすごいことだと思うんですよ。

自分の好きなように絵やイラストを描けたらほんとに楽しいだろうな。

ブログも0から作り出してますしね。通じるところはあるのかも。
 

自分にもイラストかけるかも?って思えるようになる


ちょうどタイムリーにイラストをどうやって始めるか、どうやって上達していくか?という記事をブロガーのあずさん(@yuuki_azusa)が書いてくれていました。

描いて楽しい→ブログにも自分でイラストが描ける!

これなら練習し始めるモチベーションも上がるってもんです。

 

娘が喜ぶ、楽しい

これはもう子供たちが喜ぶなら何でもするお父さんなので。

子供たちも小学校高学年ともなると親子でガッツリ時間を取って向き合うのってなくなってくる気がします。

マイクラやってたほうが楽しいのかもしれないけどね…

これからも子供と絵しりとり続けていきたいと思います。

 

イラスト描きたいパパママブロガーは絵しりとりから

  • 子供たちとも楽しめて
  • 下手なことを気にしなくて済んで
  • しかもたのしい!

ってイラスト練習のとっかかりとしては最強でしょ。

ブロガーとしてちょっとしたアイコンとかイラストとか描けると便利ですしね。

イラスト描きが気になるパパママブロガーさんはまず絵しりとりから始めましょうよ。

わたしもちょっと描いてみようかなって気になりますから。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

created by Rinker
¥1,512 (2018/07/21 18:27:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください