リファラースパムをカウントしないGoogleアナリティクスのカンタンな設定を教えます

リファラスパムを計測しないGoogleアナリティクスのフィルタ設定を教えます

こんにちは。
沖縄のブロガー中川(@nakagawahitoshi)です。

ブロガーのみなさん、記事書いてますか?

アクセス数が気になる今日この頃、Googleアナリティクスを毎日見てるんじゃないでしょうか。

たまに全然ブログにないアドレスにアクセスがありませんか?/h/8754185.htmlとか。

変なの?って思ってリンク先を見るとseo-heeelppp.net(これは適当なアドレスです)とか見知らぬアドレスが。

リファラスパムですね(# ゚Д゚)

こいつらを撲滅するフィルタをGoogleアナリティクスに仕掛けときましょう。

リファラスパムを排除するGoogleアナリティクスの設定
  • 管理⇒全てのフィルタ⇒フィルタの追加で設定
  • 「seo」を含むドメインからのアクセスを無視する設定をします



リファラスパム業者は全員ハゲてしまえ

 

アナリティクスの計測に混ざってくるゴミがあります。

リファラスパムサイトからのアクセス

リファラスパムのアクセスです。

  • ブログにないurlにアクセスがある
  • アクセス元がseoを含むドメインであることが多い

こういうのですね。

 

とくに不正アクセスなどではなく実害は

  • 計測が不正確になる
  • ムカつく

位なんですが、本当に気分が悪いので対策をすることにします。

「リファラスパム業者がハゲてバケラッタしか言えなくなる呪い」は多分効いているはずなのですが・・・

 

リファラスパムみたいな姑息な手法を「すごい!この業者にSEO対策をぜひお願いしよう!」っていう人がいると思ってやってるんでしょうかねえ。

どこまで頭が悪い業者さんたちなんでしょうか。逆に感心します。

 

Googleアナリティクスでリファラスパムを排除するフィルタをかける方法

Googleアナリティクスのフィルタ設定を利用します。

「seo」という文字列が含まれるアクセスを無視するフィルタを作りましょう。

大丈夫です。設定はカンタンです。3分で終わります。

 

スマホのアプリからは設定できません。

Webからアナリティクスを見ると設定はできますが、たぶんPCから設定した方が楽だと思います。

設定手順を説明します。

 

Googleアナリティクスのリファラスパムのフィルタ設定ではまず管理を選ぶ
Googleアナリティクスのホーム画面左下の「管理」を選択。

 

Googleアナリティクスのリファラスパムのフィルタ設定では管理の次にすべてのフィルタを選ぶ
「全てのフィルタ」を選んでください。

 

次にフィルタの設定をします。

Googleアナリティクスのリファラスパムのフィルタ設定ではいくつか項目を入力します。
各項目に入力する必要があります。

  • フィルタ名:わかりやすければ何でもよいです。「リファラスパム業者がハゲるフィルタ」でよいでしょう。
  • フィルタの種類:「カスタム」を選びます。
  • チェックを入れる:「除外」にチェックを入れます。
  • フィルタフィールド:「参照」を選びます。
  • フィルタパターン:これが肝ですね。「.+seo.+」と入れてください。

 

このフィルタをどのビューに反映させるかを設定します。
フィルタスパムのフィルタを適応するビューを選びます。

  1. 適応させたいビューを選ぶ。
  2. 「追加」をおす。
  3. 選択したビューに追加される。
  4. 画面一番下の「保存」を押して設定完了。

 

これでドメイン名に「seo」を含むリファラスパムは計測されなくなりました。

 

リファラースパムをカウントしないGoogleアナリティクスのカンタンな設定方法まとめ

あらためてリファラスパムの排除フィルタ設定のアウトラインをまとめます。

リファラスパムを排除するGoogleアナリティクスの設定
  • 管理⇒全てのフィルタ⇒フィルタの追加で設定
  • 「seo」を含むドメインからのアクセスを無視する設定をします

設定もカンタンだと思います。

役に立ったら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください