沖縄の子連れ観光で「東南植物楽園」を美ら海水族館よりおススメする3つの理由

沖縄子連れ観光は東南植物楽園に行こう

こんにちは。
沖縄在住7年の子育て中パパブロガーの中川(@nakagawahitoshi)です。

沖縄子連れ旅行で遊びに行くところは決まってますか?

 

  • もう美ら海水族館には行っちゃった。ほかにどこに行ったらいいかな。
  • 子どもたち連れてるともう近くてすぐ行けるところがいいよね。
  • 離島に行くにもちょっとスケジュール的に難しいし。

そうですね。子ども連れだと遊びに行けるところを選ぶのはなかなか大変です。

 

でも、美ら海水族館以外にも子どもたちと遊びに行けて楽しめるところがあるんですよ。

そこで今回は沖縄移住7年、子育て真っ最中の私が沖縄県沖縄市にある「東南植物楽園」をご紹介したいと思います。

東南植物楽園は子連れでの沖縄観光にうってつけです!
  • 沖縄本島内であればだいたい1時間くらいで行けて近い。
  • 料金も安い。子ども連れ家族には助かります。
  • 動物もいて子どもたちも飽きない。
  • 広すぎない敷地。子供連れでもゆったりまわれます。
  • 夏場はプールもある。

などおすすめポイントがたくさんあります。

公式サイトはこちら。⇒【公式】東南植物楽園 | 沖縄北インターからすぐ

なかがわ
東南植物楽園の散歩コースを多くの写真でご紹介しながら、子ども連れでのらくらくお散歩プランもご紹介しています!




目次

沖縄子連れ旅行で東南植物楽園をおすすめするわけ

沖縄は子連れで遊びに行ける観光地や公園も多いのです。子ども多いですからね。

その中でも東南植物楽園を全力でオススメする理由を教えましょう。

沖縄子連れ観光:東南植物楽園は那覇からもやんばるからも近い


沖縄県沖縄市にある東南植物楽園は那覇空港から車で約1時間。

沖縄に来たらみんなまず1回は美ら海水族館に行くんじゃないかと思いますが、美ら海水族館は那覇から2時間はかかります。

子連れで2時間。車で退屈されるとけっこう大変です。

沖縄市は沖縄県の真ん中よりほんのちょっと南あたり。よっぽど沖縄本島の最南端や最北端でなければだいたい1時間以内くらいで来れるはずです。

なかがわ
時間に余裕をもって動けます。子どもたちがいるとどうしても予定通り、時間通りにいきませんからね。

沖縄子連れ観光:東南植物楽園は子供たちが楽しめる

東南植物楽園の遊び場
東南植物楽園というくらいなので植物園か?と思うかもしれません。

南国の植物や季節によってはハスの花も楽しめますがそれだけではありません。

子どもたちが楽しめるポイントが多いのです。

  • 散歩コースがいろいろあって楽しい。大きな噴水もあって見晴らしもよい。
  • 芝生の広場がある。ボールやちょっとしたおもちゃを無料で貸してもらえる。
  • リスザル、ヤギやカピバラなどいろんな動物がいる!モルモットなど一緒に遊べる動物もいる!釣り堀もある!
  • 夏場はプールもある!
なかがわ
いろいろ見て回れるので子どもたちも飽きないはずですよ。

沖縄子連れ観光:東南植物楽園はトイレや授乳室も充実しており子連れにやさしい!

小さいお子さんがいる親子が園内を回るのにとても配慮されていると感じます。

園内はほんとにきちんと管理されていて危ないところ、怪我しそうなところなどはあまりありません。いや、そりゃカピバラとかヤギに手出したら噛まれますわな。そこは注意。

あまり親が目を光らせてなくても大丈夫なのです。親としては子どもたちを自由に遊ばせてあげられるのは助かりますよね。

さらに散歩コースにトイレも多くあり、子どもたちの「おしっこ!」にも即対応できるのはありがたいところ。

ほかにもこんなに子連れにやさしいポイントがあります。

  • ベビーカーのレンタルがあります。
  • 園内を周回バス(トラム)が回ってます。小さい子も歩かずに園内を見て回れますね。ガイドもついていろいろな説明を受けられます。
  • レストランはビュッフェで子どもたちが食べられるものだけ選びやすい。
  • 授乳室やベビーシート、カフェに子どもの遊び場スペースもある。
なかがわ
ものすごく広い施設というわけではないんですが、かえってそのコンパクトさが子連れで見て回るのにちょうどよいのです。

沖縄子連れ旅行:東南植物楽園バーチャルツアー

画像は東南植物楽園HPよりお借りしております。

今回は東南植物楽園おすすめのウォーキングコースラインA(60分コース)をほぼそのまま回ってみました。

子連れでのお散歩に注意する点など一緒にご紹介します。

今回はトラム(周回バス)には乗らずに行ってみました。

東南植物園バーチャルツアー:水上楽園エリアを子供と回る

水上楽園エリアを子供と回る:入園~噴水を見ながら見晴らしの丘まで

このルートはけっこう歩きます。入園時にお子さんのおトイレは済ませておきましょう。

園の駐車場はいつもいっぱいです。早めに行って入り口から近い場所に停められるといいですね。

 

東南植物楽園入り口ここから出発です。こちらは水上楽園側の入り口です。

 

東南植物楽園の入り口付近の池入ってすぐに小さな池?があります。ハスの花が咲いてました。

 

東南植物楽園のマップその前には東南植物楽園のマップがあります。先に水上楽園エリアを回ってみます。

 

東南植物楽園のレストハウス入り口入って左側にショップがあります。中にはお土産物屋さんとカフェがありますよ。あとでカフェもよってみましょう。ベビーカーのレンタルもこちらでやっています。

 

東南植物楽園のトラム案内看板園内を回るのにトラム(周遊カート。500円)か周回バス(300円)に乗ることもできます。案内看板が出ていました。バスの出発地点もこのあたり。

お子さんが歩くの大変そうならこういった周遊バスに乗るのが良いと思います。季節によっては日差しがものすごいのでけっこう体力奪われます。

ではそろそろお散歩コース歩き始めましょう。

 

東南植物楽園の入り口付近の船池の隣だから?黄色い船があります。記念撮影ポイントですね。バックにちょっと噴水が見えてるのわかりますか?

 

東南植物楽園散歩コース入り口最初はまっすぐな道です。ちょっと下りだったかな。

 

東南植物楽園の噴水池の周りをぐるっと回るコースなので左手にはずっと噴水が見えています。風が強いと散歩コースまで水しぶきが飛んできます。

写真があまり上手でないのですが噴水はけっこう高く噴き上げています。7~8メートルくらいかな?

向こう側に見えている「東南植物楽園」の看板の裏あたりまで歩いていきます。

夏場は直射日光対策と水分補給は絶対に必要ですね。水筒持って行った方がいいです。

 

東南植物楽園の散歩道突き当りまで行くと左に折り返してちょっと上りになります。小さい子が自分で歩いていくときやベビーカーを押していくときはちょっと大変かもしれません。

 

東南植物楽園のヤシの木こんなに高いヤシの木がわさわさ立ってます。南国です。

 

東南植物楽園の噴水裏側最初に見た看板の裏あたりまできています。そこから噴水を見るとこんな感じ。

このあたりまで来るとお子さんが小さい場合はだいぶ歩いているはずなので水の補給を。沖縄の日差しと暑さは本土と違ってきついですよ。

 

東南植物楽園水上楽園エリア回廊その後並木の通路を過ぎると見晴らしの丘の奥までもう少し。

 

東南植物楽園の釣り堀池このあたりからは次に向かう「思いやりの橋」が見ています。

この池が釣り堀になっていて、魚釣りを楽しむこともできるんです。

 

東南植物楽園見晴らし丘水上楽園エリアの高台突き当りにはこんなトーテムポールがあります。

ここの隣には休憩スペースと自動販売機があります。少し休んでから行きましょう。

なかがわ
ここまで小3と小5の子どもたちと一緒に行って園の入り口から30分くらいだったかと思います。子ども連れで全ルートを1時間で回るのはたぶん無理ですし忙しすぎます。

水上楽園エリアを子供と回る:芝生の広場で子どもたちとボール遊びができる!

東南植物楽園の階段

ここは子連れだと要注意ポイントです!

見晴らしの丘から釣り池まで降りるルートは一部階段になっています。

この階段の段差と奥行きが変な感じでものすごく降りにくいのです。

もちろんベビーカーも通れません。ベビーカーやバギーに乗っているようなら少し戻ってから芝生の広場に直接降りるルートを行くしかありません。

 

東南植物楽園の大王ヤシ広場釣り堀の橋を渡ると芝生の広場になっています。

けっこう広々です!子どもたちも走り回って楽しめるはず。

園の入り口から右に向かう散歩コースに向かわず、まっすぐ突っ切ってこちらの広場に来ることもできます。

子どもたちがドライブにつかれて、まず遊びたいようなら散歩コースは行かずに広場にすぐ来た方がよいでしょう。

ボールやちょっとしたおもちゃなんかが置いてあって自由に使えるようになっています。

 

東南植物楽園の大王ヤシ広場でシーソーシーソーや遊具もちょっとあるので楽しめますね。

登って遊べるツリーハウスみたいなのもありました。階段もしっかりしていて小さい子でも登ってこれます。

なかがわ
奥に周回バスが見えてますね。これに乗って歩かずに園内を見て回ることもできるので車好きな子にはこちらを。

水上楽園エリアを子供と回る:ハスの池を散歩する

東南植物楽園のハス池広場のとなりにはハスが群生している池があります。

 

東南植物楽園のハス今回遊びに行ったのが8月あたまだったのでハスの最盛期はちょっと外してたみたいです。

でもこんなきれいなハスの花を見ることができました。

今回よりませんでしたが「ヤギ島」があってヤギがいます。池のそばには「動物ふれあい広場」もあってウサギやリスザルなんかと遊ぶこともできます。

 

東南植物楽園のハス池裏の通路ハス池の脇にこんな遊歩道もあります。わさわさしてますね。ジャングルみたい。

 

東南植物楽園ハス池全景池の全景はこんな感じです。ハスだらけ。池自体はほぼ見えません。

左の奥はもう少し広くてぐるっと歩いて回ってこれます。

ただ、同じコースをトラムがゆっくり走ってくるんですね。けっこう道幅ギリギリなので、のんびり歩いてると急に後ろからきてびっくりするかもしれません。

なかがわ
うちの子はびっくり仰天して走って逃げてました。実際は安全な速度で動いてるので大丈夫です。

水上楽園エリアを子供と回る:ちょっと休憩。ジェラート食べましょう!

ここまでくると1時間以上は経ってるはずなので休憩にしませんか。

ハスの池のお隣には園の入り口横にあったショップがあります。

そこのカフェに沖縄ならではジェラート屋さんがあるんです。けっこう歩いてるのでそろそろ冷たいものが食べたくなってるはず。

「チバナジェラート」へおいでませ。

 

東南植物楽園のジェラート屋さんのアイス色とりどりのジェラートが選べます。どれにしようかな。

 

東南植物楽園のジェラート屋さんメニュー大人はコーヒーもオーダーできますね。

我が家はこのうち4種類を注文。

  • ハイビスカスソルベ:これは大当たり!ハイビスカスティーみたいにさっぱりしてますがあんなに酸っぱくない。ママが頼みましたが子どもたちに全部食べ得られてました。
  • 北海道ジャージーミルク:これもおいしかったですねえ。甘すぎないのがとてもいい。ミルクの味そのままでした。
  • パッションフルーツ:パッション好きのお兄ちゃんがオーダー。ミルクのアイスにちょっとパッションの風味。もう少しパッションが強かったらもっとおいしかったかも。
  • 宮古島アップルマンゴー:これはマンゴー好きの妹ちゃんがオーダーしてました。マンゴー味が濃い!いい味。

 

東南植物楽園ショップ内の子どもコーナーショップ内の休憩スペースに子どもが本を見たり遊んだりできるスペースがあります。

あ、ちょっと散らかってますね。絵本がけっこうたくさんありました。

他にもこのショップ内にはいろいろそろっています。

  • 授乳室:休憩スペースとは建物の反対側ですが、きちんとした一部屋が準備されています。
  • お土産屋さん:島ぞうり(沖縄のサンダル)や帽子、バッグなどを売ってます。お菓子やお茶のラインナップも充実しています。けっこう広いスペースを割いてアロマのコーナーがありました。「月桃」のアロマ製品が売りのようです。いい香り♪
  • 園内の植物の説明コーナー:植物園エリアにあるバオバブの木材が置いてありました。中身はスポンジみたいになってます。これで水を保っておくんだそうです。
なかがわ
休憩したら植物園エリアに行っちゃってもOK!

水上楽園エリアを子供と回る:鯉のえさやりやビュッフェレストランも

東南植物楽園で鯉のえさやりほかにもショップ建物の前には鯉のえさやりができる池もあります。

柵はしっかりしていて子どもたちが落ちるようなことはありません。でもお父さんお母さんのスマホやカメラを落とさないように十分注意を!私もスマホ落っことしそうになって危ない目にあいました。

まあ池が危ないわけじゃないですけど、鯉のえさのにおいがね(;^_^A子どもたちが手づかみで上げてるとけっこう匂うかもしれません。確か手を洗うところは池にはないので、ショップのトイレに行くしかなかったはず。

今回は我が家は行きませんでしたが、ショップからえさやり池を挟んでビュッフェレストラン「PEACE」があります。

なかがわ
レストランは予約でいっぱいになっていることも多いので事前予約がおすすめです。

東南植物園バーチャルツアー:植物園エリアを子どもと回る

これで東南植物楽園の水上楽園エリアはほぼまわり終わりました。

では次のエリア、「植物園エリア」に行ってみましょう。

植物園エリアは水上楽園エリアよりは小ぢんまりとしています。散歩コースというよりは動物のいるエリアで遊んだり、夏場にプールに入ったりというのが楽しみ方になりますね。

しかし!ぶっちゃけてしまうと「子どもたちが楽しめるところがあまりない」のです。

ハーブ植物園もあったり、日本では珍しいバオバブの木が何本もあったりするんです。

でも子どもたちはそれ楽しいかなあ。

なかがわ
植物園エリアのほうは「いちむし村(生き物のエリア)」と行くんなら「プールのエリア」に絞っておいた方が子どもたちは楽しいと思いますよ。

植物園エリアを子どもと回る:入り口と園内の様子

東南植物楽園の植物園エリア入り口水上楽園エリアから一度出てから、道をはさんだところに植物園エリアの入り口が別にあります。

 

東南植物楽園の植物園エリア道路道幅もわりとゆったり。こちらは周回バスはないので子どもたちも安心です。

なかがわ
水上楽園エリアほど広くないのですぐ見て回れます。自販販売機やトイレも間近にあるのでらくちんなはず。

植物園エリアを子どもと回る:いちむし村で動物たちと遊べ!

東南植物楽園の植物園エリアいちむし村入って少し歩くと右側に「いちむし村」があります。

「いちむし」とは沖縄の言葉で生き物のこと。このエリアではヤギやカピバラなどがいてえさをあげることができます。

暑さで動物たちも大体横になって寝てるんですが、えさを察知すると寄ってきておねだりし始めます。

 

東南植物楽園の植物園エリアいちむし村のヤギちゃんヤギは子ヤギからツノの立派な大人のヤギまで7~8頭くらいいました。

子ヤギにえさを上げようとすると大人ヤギが割り込んできて全部食べちゃうんですよね。大きいヤギはちょっとは我慢したまえ。

 

東南植物楽園の植物園エリアいちむし村のあぐー豚あぐー豚も5~6頭くらいいました。

鳴き声をちゃんと聞いたのは初めてなんですが、ほんとに「ぶーぶー」言ってました。かわいい。

 

東南植物楽園の植物園エリアいちむし村のカピバラさんカピバラさんも奥に引っ込んで涼んでましたが、えさを発見してゆっくりやってきます。

足に水かきがあります!そして思ってたよりでかい!ほんとにネズミの仲間なのか。

なかがわ
動物たちと遊んだ後は手を洗いましょう。いちむし村のなかに手を洗う場所があります。

植物園エリアを子どもと回る:ユスラヤシの並木を散歩しよう

東南植物楽園の植物園エリアユスラヤシ並木
ユスラヤシというヤシの木が3000本植わっているエリアがあります。

うっそうとしている森の中に散策路があります。日差しを避けてちょっと涼しく散歩できるはず。

なかがわ
ただし植物園の奥の方ですし子どもたちはあまり楽しくないかもしれません。

植物園エリアを子どもと回る:夏場はプールも楽しめます

夏場は植物園エリアの奥の「パラダイスパーク」にプールができています。

巨大ビニールプール?みたいな感じで滑り台も大きいのがありました。

2018年のプール情報です!

2018年7月14日から8月31日まで巨大プールと風船の巨大海賊船で楽しめます。

夏休みにお子さんたちとぜひ!

詳しくは公式ページで⇒東南植物楽園公式のプール情報を見てみる。

3歳から中学生まで一人100円と超格安!(入園料は別に必要です)

なかがわ
最初から「東南植物楽園のプールに行く」で準備をしておいてプールだけ狙ってくるのはありでしょう。

沖縄子連れ観光で東南植物楽園をオススメするわけ:おすすめプラン

お子さんが小さい場合は「歩いて60分のコースを回る」というのは現実的じゃありません。
さて、以上踏まえてお子さん連れでのおすすめプランとしてはこういう感じになります。

東南植物楽園に到着。午前中はやめだと日差しも強くないので子どもたちが遊びやすいはず。

右手に噴水を見つつ水上楽園エリアの「芝生の広場」に直行。

ボールやシーソーなどでめっちゃ遊ぶ。クラフトや釣り堀の体験もいいかも。

ハスの池の奥の「動物ふれあい広場」で動物たちと遊ぶ。

お昼をビュッフェレストランで食べる。ジェラートを食べに行ってもいいですね。

植物園エリアに移動。「いちむし村」でヤギやカピバラにえさをあげてみる。

そろそろお昼寝もしたいので撤収。
なかがわ
もちろん夏場にプールに来てそのまま夕方まででもありですね。

沖縄子連れ観光で東南植物楽園をオススメするわけ:施設情報

東南植物楽園の施設情報をまとめます。

東南植物楽園の営業時間

季節や曜日によって異なります。早朝営業がいつやっているかは気を付けて来園してください。

月~木9:00 – 18:00(最終入園 17:00)
金、祝前日9:00 – 22:00(最終入園 21:00)
土、日7:00 – 22:00(最終入園 21:00)
なかがわ
土日の朝はレストランで朝がゆの朝食が食べられます。ハスの花の季節は朝から行ってみては。

東南植物楽園の料金

入園のみの料金は以下の通りです。

一般1500円
高校生1000円
小中学生500円
未就学児無料!

このほかガイドツアー付きやランチやディナー付きのお得なセットもあります。

クーポンサイトの「トクトククーポン」のクーポンを印刷またはスマホで提示すると10%割引になります!
東南植物楽園のクーポン
なかがわ
子連れ観光にはありがたい料金設定ですね!

東南植物楽園へのアクセス

沖縄自動車道の沖縄北インターから5分。

・・・って公式サイトには書いてあります。

でも日曜日などは幹線道路から東南植物楽園の駐車場に入ってくるまでの道がかなり混みます。

15~20分くらい見といたほうがよいかもしれません。

カーナビの設定はこちら。

  • MAPCODE : 33 742 510
  • 電話番号検索 : 098-939-2555

沖縄での移動はレンタカーが絶対に必要です。

レンタカーのご予約はこちらまで。レンタカー屋さんを比較しながら予約できます。


格安レンタカー予約 スカイチケットレンタカー

 

沖縄子連れ観光で東南植物楽園をオススメするわけ:まとめ

沖縄に子ども連れで観光旅行に来てもどこがおすすめか悩んでいるかたに参考になればいいなと思います。

最初は美ら海水族館に行ってきてもその次どこ行こう?になってしまいませんか?

東南植物楽園のような小ぢんまりしてますが子ども連れでも楽しめる施設もあります。

美ら海水族館に行って疲れてしまった最初の沖縄旅行より、2度目の沖縄子連れ旅行はお父さんもお母さんも楽しめる旅行になることを祈ってます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください