日焼け止めは沖縄では必須。日焼け対策は完ぺきに!

日焼けは禁止@沖縄

こんにちは。
沖縄移住して6年目ブロガーの中川(@nakagawahitoshi)です。
沖縄に移り住んでしばらくたちますがいまだにうっかり日焼けしちゃうんですよね。

沖縄に旅行にいらっしゃるかたがた。

沖縄の日差しは恐ろしいほど強いので絶対になめてはいけません!

ちょっとならいいかな、って思わないようにしましょう。

沖縄の日焼けがどれだけオソロシイのか説明します。

  • そもそも日にあたらないための工夫がいろいろ必要です。
  • 日焼け止め程度では防げません。
  • 炎天下で日に長時間あたるのは危険です。日焼けではなく病院に行かないといけないレベルの火傷をします。

沖縄の日差しはすごい攻撃力だ

5月にちょっと外に出てみたらものすごく焼けました。

大した日差しじゃないなと思って日焼け止めなしで1時間外にいたらこれです。

そでは長めにしておいたのでまだ助かった感じです。

気象庁の紫外線情報のページによると東京と那覇の紫外線の量はこれくらい違います。

東京の紫外線はこちら
東京の紫外線
気象庁| 日最大UVインデックス(推定値)の月別累年平均値グラフより

那覇の紫外線はこちら
那覇の紫外線
気象庁| 日最大UVインデックス(推定値)の月別累年平均値グラフより

だいたい3月くらいから10月くらいまで東京の真夏の紫外線量ですし、とくに7月~9月は日差しが「痛い」と感じられるレベルです。

まあ気温だけ見ると東京とか群馬とかのほうが暑いみたいですけどね。

真夏の昼間にビーチで泳いでるのははっきり言って観光客だけですってば。

なかがわ
暑いし日焼けはするし沖縄の人はサーファーとかダイビングとかしない限りは真夏の炎天下で泳ぎませんよ。

沖縄で出歩くときは日焼け止め対策をカンペキに

夏に沖縄に来たことがある人は知ってるかもしれませんが、ほんとに冗談ぬきで日光対策は大事です。

日中外に出るときはこういう装備は必須です。

・日焼け止め:自分の写真でもわかると思いますがちょっとしたそでの隙間などもやられます。しっかり塗りたくっておきましょう。

・服装は長そで、足首までのもの:暑いだろと思うかもしれませんが、日差しの物理攻撃感が半端ないのでかえってラクなはずです。

・帽子、日傘:できるだけ直射日光に当たらないように。こちらの人たちは中学生くらいから日傘使うって言います。

・サンダル系は避ける:これも足の甲に軽度やけどを負いたくなければ靴で。アスファルトの熱さもありますし、地面の照り返しもすごいです。

・サングラス:紫外線と日差しの強さでめちゃくちゃ目が疲れます。大人だけでなく子ども連れの方は子ども用サングラスを用意してあげてください。

・屋根のある車、サンシェード:間違っても「南の島でオープンカーでドライブなんていいわよねー(^^♪」とか思わないでください。丸焼きになります。レンタカーはちゃんと屋根のある車にしましょう。あとは停車時にフロントガラスに置ける適当なサンシェードを100均で調達するのをお勧めします。

日差しはすべて受けない!という固い決意が必要です。そもそもお昼になんて出歩かないほうがいいのです。

なかがわ
沖縄では繁華街は夜も遅くまでにぎわってます。日が沈んでから遊びに行きましょう。

沖縄旅行は夏は避けたほうがいいかも

ってことなんで夏の沖縄はとにかく暑いし蒸すしあまりお勧めしません。
5年住んでると沖縄は冬がいいです。冬が。

冬はさすがに寒くなるときはあるんですが本土よりは絶対あったかい。
過ごしやすいと思うので冬の沖縄にも来てみたらいかがでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。