Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードはタブレットでブログ書きたい人には最適のキーボードだった。

コスパ最高のBluetoothキーボードをゲットせよ

スポンサードリンク




こんにちは。
パソコン・ガジェット歴30年のデジタルブロガーの中川(@nakagawahitoshi)です。ガジェットは大好物です。

AmazonのプライムデーでBluetoothキーボードを買ったので使い倒してます。

AnkerのAnker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードを買いました。

値段も安かったんですがもう十分以上。しっかり使えます。
タブレットと合わせて外でもブログが書ける!ノートパソコンなんていらんじゃないか。

こんな方たちにお勧めします。

  • ノートPC持ってないけどタブレットは持ってる。外でもブログ書きたい。
  • 軽くて持ち歩きやすいけどキーは小さすぎないキーボードが欲しい。
  • Bluetoothキーボード試してみたいけど高いのは困る。
なかがわ
テキストをキーボードで打ちたいならノートパソコンを持ち歩く必要は全くありません。スマートフォンかタブレットとセットにして使えばほんとに出先でノートパソコン使う気なくします。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードのレビュー

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードを開けてみた

AnkerBluetoothウルトラスリムワイヤレスキーボードの外箱まずは開けてみます。箱はけっこう軽いです。軽すぎて心配になるくらいの軽さ。大丈夫なのか。

 

AnkerBluetoothウルトラスリムワイヤレスキーボードの箱の内容包まれたBluetoothキーボード本体と説明書とかが入ってます。空っぽじゃなかった。一安心。

 

AnkerBluetoothウルトラスリムワイヤレスキーボードの本体表面サイズを確認しないで買ったのが悪いんですが、思ったよりもでかかった。キーはきちんとフルサイズですね。

本体の重さは190gとのこと。薄くて軽い感じなので重さはそんなに感じません。

AnkerBluetoothワイヤレスキーボードの大きさ比較サイズ比較はこんな感じです。
iPhone5sと8インチタブレット(docomo dtab d-01G)との大きさ比較。

 

AnkerBluetoothウルトラスリムワイヤレスキーボードの本体裏面電池のカバーとスイッチがあります。電池は単4電池が2本必要です。
隅っこの4か所にゴム製の足があります。ちゃんと4点で着地していてがたつきはありません。精度はいいです。

けっこうバタバタタイピングしても暴れません。これは安定してます。

 

AnkerBluetoothウルトラスリムワイヤレスキーボードの本体側面Bluetoothキーボード横からのショット。
本体はとても薄いです。でもよっぽどぶったたくようなタイピングしない限りはたわんだりしません。

見かけによらずけっこう頑丈です。

さて早速使ってみますかね。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードを使ってみた。

ちょうど持ち歩き用に使ってる8インチタブレット(docomo dtab d-01G)があるのでこれで使ってみます。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードとタブレットのペアリング

Bluetoothキーボードなのでペアリングが必要です。

 

AnkerBluetoothウルトラスリムワイヤレスキーボードのペアリング方法ペアリング時は「Bluetoothキー」と「Fnキー」の同時押し2秒でペアリングモードになります。

そのあとBluetoothをオンにしたタブレットから探すと「Anker A7726」という機器が見えるので選択。

そしてタブレットに「表示されたペアリングコードを入力せよ」という感じの画面になるので、Bluetoothキーボードからその数字を入力するとペアリング完了です。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードの日本語設定

物理キーボードをBluetoothでつないだのでどんなキーボードをつないだのか設定する必要があります。

設定>言語と文字入力>物理キーボード(AnkerA7726)を選択。

キーボードレイアウトの選択で「デフォルト」になっているか「英語(アメリカ)、インターナショナル配列」になってれば大丈夫でしょう。

 

AnkerBluetoothウルトラスリムワイヤレスキーボードをタブレットと接続した

これで外でもブログが書けます!

と思ったら日本語入力にならない?

日本語入力と英語入力の切り替えはいくつかキーの組み合わせがあるようです。
うちにあるAndroidすべてつないで調べたところつなぐ機種によって切り替えキーが違うようです。

  • ~キーとAlt(option)キー
  • Commandキーとスペースキー(マックはこの組み合わせだったな)
  • Controlキーとスペースキー

などの切り替えになるようです。つなげた機器で調べてみてください。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードを2か月ほど続けて使ってみた感想

AnkerウルトラスリムBluetoothワイヤレスキーボード
実際に使ってるところはこんな感じです。

持ち歩くにもノートパソコンより断然軽いです。キーボードというより軽い板という感じ。

ノートパソコンも少し重いのだと持ち歩き面倒になりますが、このキーボードだと軽いのでタブレットとまとめて鞄に放り込んでおいても気になりません。

だいたい毎日1時間程度テキスト打ちしてますがバッテリーは最初に入れたものでまだ持ってますね。ただしバッテリーの残量を確認する方法がありません。電池が切れると突然使えなくなるんだろうな。

毎日鞄にそのまま放り込んで出勤しています。

とくにカバーつけたり大事に使ってる感じではありませんが今のところ傷一つなし。銀色の塗装部分もはがれたりしてないですね。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードはタブレットでブログ書きたい人には最適です。

ひとまず快適に使用中。テキスト打つだけならノートパソコン持ち出す必要ないのでほんとに楽ちん。

その辺のカフェでも行って記事書いてこようかな。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク