お客様の中にイーサリアムについてネコでもわかる説明ができる方はいらっしゃいませんか?

イーサリアムについて調べてみました

こんにちは。
仮想通貨ブロガーのふりをしている中川(@nakagawahitoshi)です。

仮想通貨について勉強してます。

ビットコインについては記事を書きました。
ビットコインがなんとなくわかる!仮想通貨についてこれ以上簡単には書けません。

 

今回ビットコインに次ぐ取引量を誇るイーサリアムについて本を読んでみたので書評を兼ねてまとめてみます。

読んだ本はこちら。

 

イーサリアムってなにそれ?おいしいの?っていう超初心者の方向けの解説、始めます。

 

イーサリアムって仮想通貨のことじゃないんですか?!

イーサリアムってビットコインに次ぐ時価総額があるって言ってますけど「イーサリアム」は仮想通貨でもありプラットフォームでもあります。

なかがわ
イーサリアムはブロックチェーンを用いたスマートコントラクトを履行するためのプラットフォームです。
意味わからねえ。

えーっと、確かにわからないですね。

 

イーサリアムでは、取引で行われる契約内容をブロックチェーンに記録し、その契約を自動的に実行することができます。

1時間でわかるイーサリアム入門より

ビットコインは取引情報をブロックチェーンで管理しています。取引情報だけです。

それに対しイーサリアムは「誰にいつ」取引をするかという契約が自動的に行われるようにプログラムされています。

この契約内容、プログラムをブロックチェーンとして管理しているのです。

契約がプログラム通り自動で行われる仕組みのことを「スマートコントラクト」といってイーサリアムの大きな特徴になっています。

ブロックチェーンの中に契約内容や契約の履行条件のプログラムを仕込んでおけます。そのプログラムを動かす手数料として仮想通貨のEth(イーサ)を使うのです。「イーサリアム」として流通している仮想通貨はこれ。

プログラムが複雑になるほどイーサを多く払う必要があります。

イーサリアムとはブロックチェーンを使ったアプリケーションを作るための仕組みと言っていいでしょう。

 

イーサリアムにできること

1時間でわかるイーサリアム入門ではイーサリアムにできることとして4つ挙げられています。

  • イーサリアムを利用する:プラットフォームとしてイーサリアムを利用します。ブロックチェーンを使用したアプリケーションの開発で使われます。
  • イーサリアムの売買で利益を得る:仮想通貨のイーサリアムを投資対象として使います。
  • イーサリアムで決済する:仮想通貨のイーサリアムを決済に利用します。ビットコインは送金や決済にも時間がかかりますがイーサリアムをは即時に決済が行われます。
  • イーサリアムを送金する:イーサリアムに限らず仮想通貨の送金手数料はとても安いのです。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

ビットコインとの違い

ビットコインは取引情報だけをブロックチェーンで管理しています。

イーサリアムは契約内容とその履行条件のプログラムをまとめてブロックチェーンで管理しています。

ビットコインにはない「契約」をブロックチェーン上に保存する働きがあります。

スマートコントラクトとは

まあなんだかよくわかりませんよね。

ただこれからイーサリアムの重要性はますます上がっていくはずです。

自動的に契約履行を行う「スマートコントラクト」がこれからどんどん使われ始めて、役割が広がっていくからです。

 

スマートコントラクトは例として自動販売機がよく挙げられます。

「お金を入れる」「特定の商品のボタンが押される」

「2つの条件がそろうと商品を引き渡す⇒受け取る」という契約が自動的に履行される

商品を手にすることができる

2番目の契約の履行がブロックチェーンによって信頼性を確保されたらどんなだと思います?

 

「どこでだれがいつ何を買ったか」「その売買はどんな流れで最後まで終わったのか」ということが誰も改ざんできないような形でブロックチェーンに記録されます。

商品が自販機の缶ジュースではなく「土地の権利」や「あるアーティストのある曲を聴く権利」だったら?

こういう「契約」が第三者の手を借りずに自動的に行われるようなるとものすごく便利になっていきますよね。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

イーサリアムのこれから

イーサリアムはこれからどうなっていくのか見てみましょう。

開発ロードマップ

イーサリアムはこれまで2回のアップデートがありました。さらに2018年には3回目のアップデートを予定しています。

開発スケジュールが決められているので予測はしやすいのではないでしょうか。

  1. Frontier:2015年7月の最初のリリース。ベータ版ようなものでした。
  2. Homestead:2016年3月のアップデート。Frontierの安定版のような改良でした。このアップデートでアプリケーションがイーサリアム上で開発できるようになったとのことです。
  3. Metroporis:2017年10月のアップデート。スマートコントラクト実装が簡単になり、セキュリティ強化やプライバシー保護が行われました。プルーフオブワーク(マイニングに大量の計算がいる「仕事をしたらイーサリアムをもらえる」段階)からプルーフオブステーク(長くイーサリアムを持っているほど報酬が多くなる段階)への移行準備も行われました。
  4. Serenity:2018年に予定されているアップデート。プルーフオブワークからプルーフオブステートへ切り替わりを予定しています。

イーサリアムの値段はどう変わっていくか

仮想通貨としてのイーサリアムの価格はこれからどうなっていくんでしょう。

今のところ仮想通貨全般で右肩上がりの状況ですが、イーサリアムについては値動きに大きく影響する要因が3つあると言われています。

技術的進化

これまであったアップデートでイーサリアムが利用しやすくなり、その都度需要が増えるので価格が上昇しています。

ICO

ICOとはInitianCoinOfferingの略で資金調達をしたい団体や企業が独自のトークン(通貨のようなもの)を作り、それをもとにビットコインなどで資金を集めることです。

このトークンがイーサリアムの技術を利用して発行されています。

そのため仮想通貨のイーサリアムが大量に利用されることになり価格も上がっているのです。

大企業による利用

イーサリアムのブロックチェーン技術は多数の大企業に利用され始めています。

最近EEA(イーサリアム企業連合)が設立されています。イーサリアムのスマートコントラクトを企業で利用することができるように多数の企業が参加しています。

マイクロソフト、インテルなどに加え2017年5月にトヨタ自動車や三菱東京UFK銀行なども参加したため、イーサリアムの価格が急上昇したということもありました。

イーサリアムは今後広がっていくはず

仮想通貨と言えばビットコインですが、イーサリアムは今後スマートコントラクトのプラットフォームとして今後どんどん広がっていくはずです。

なので仮想通貨のイーサリアムの価格も上がっていくかも????

個人的にはビットコインよりイーサリアムの未来に期待をしています。

でも投資は自己判断でお願いしますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin